加奈木(かなぎ)のつえ 佐喜浜室戸の地質・地形・景観歴史・文化・暮らし

加奈木(かなぎ)のつえ:写真1

室戸市佐喜浜の二級河川・佐喜浜川の上流にある「加奈木崩れ」あるいは「加奈木の潰(つえ)」は大規模な崩壊型地すべりです。その面積は47ha、比高は470m、崩壊堆積は850万㎡以上と見積もられていています。

加奈木(かなぎ)のつえ:写真2 加奈木(かなぎ)のつえ:写真3

土佐弁で崩落することを「つえる」といいます。加奈木のつえとは崩落地という意味です。
現在は、崩落を防ぐために岩によって補強されています。航空写真や地形図でこの地域を見ると、崩落地であることが確認できます。
野根山街道から見る事ができるというが、、、、


GOOGLE MAP

  • 室戸世界ジオパークとは?
  • #
  • まるごとさんかく日記
  • 資料ダウンロード
  • ジオパークマップ
  • 泊・食・贈
  • 協議会紹介
  • リンク
  • お問い合わせ
  • ENGLISH

pagetop