1 週間のつもりが、 この道1 9 年。
お客さんといっしょに成長できれば。

キラメッセができた1年後、「ちょっとだけ手伝って」と声をかけられ気軽に応じて、19年が過ぎて。
当時保育園に通っていた子どもも、今年結婚した。
松澤彩折が店長を務める「楽市」には、毎朝、生産者がいろいろな産物を持って来る。
野菜も果物もスーパーより新鮮で長持ちすると評判だ。
旬の野菜の目利きや食べ方、苗の植え方、収穫の仕方など、
お客様から商品のことをよく聞かれるので、ちゃんと答えられるように一生懸命勉強した。
「どっちがおいしい? 」と聞かれれば、正直に答える。
売る側と買う側の信頼関係も大切だ。
「選んでもらったスイカがおいしかった!」と直接電話をもらったり、
常連さんの自慢のレシピを次の方に伝えたり。
毎日、お客様に成長させてもらっている。
料理が好きで、「楽市」の野菜を使ってあれこれ作る。
気分が乗っているときは食卓に3~4品並ぶ。
ちなみに最近のヒットは、夏野菜のラタトゥユ。
「目分量だし、たまには失敗もあります」
夫とふたりの食卓は、野菜料理中心。
1日に摂る量をだいたい決めているので、「また野菜ばっかりだな」とボヤかれることも。
それでもそろって病気知らず。
秋からは義父母と同居するので、これを機会に年配の方に食べやすい野菜料理も極めたい。
そしてお客様に伝えたい、と密かに燃えている。


  • 室戸世界ジオパークとは?
  • #
  • まるごとさんかく日記
  • 360度VR
  • 資料ダウンロード
  • ジオパークマップ
  • 泊・食・贈
  • 協議会紹介
  • リンク
  • お問い合わせ
  • ENGLISH

pagetop