津波避難シェルターガイド養成講座

今こそ、防災を考え、人に伝える!!

 

世界で唯一の津波避難シェルターを案内するガイドの養成講座を開催します。
詳しくは、下記チラシの内容をご覧ください。

 

 

 

「津波避難シェルター」とは?

 

高知県室戸市佐喜浜町都呂地区は、東側を海岸、西側を急斜面の山に挟まれており、安全な避難路や避難場所の確保が難しい状況でした。一方で地区住民の高齢化は進み、負担の少ない短時間避難が可能な施設が必要とされていました。

 

こうした背景のなか、2016年に完成した崖地用津波避難シェルターは、水平移動での避難を可能とし、71名の収容スペースが確保されています。また、衝突防止柱、二重の水密扉、外気の供給を行う換気設備等、避難者の命を守るための設備が施されています。

 

 

 

 

 

 

 

講座概要

 

日  時 2020年8月22日 (土) 13:30~17:00 
内   容

 

100〜150年の間隔で発生する南海トラフ地震

いつか訪れる巨大地震に備えた防災対策が、室戸市では進められています。

 

室戸ユネスコ世界ジオパークの、特に学校を対象にした環境・防災学習プログラムでは、体験を通して大地の活動を理解し、自然災害との向き合い方を考えます。

プログラムで訪れる場所の一つが、全国初の津波避難シェルター(佐喜浜町都呂地区)。このシェルターを案内するガイドの養成講座を開催します。

 

ガイドになり、プログラムの利用生徒を案内することを通じて、ガイド報酬を得ながら、防災の知識を身に付けることができます。

 

参  加  費

 

無料

 

定   員

 

10名

 

持  ち  物

 

メモがとれるもの

 

集 合 場 所

 

室戸世界ジオパークセンター

 

申込み方法

 

室戸世界ジオパークセンターまでご連絡ください。

[TEL]0887-23-1610
[Email]info@muroto-geo.jp

 

申込み締切

8月21日(金) 17:00まで

主   催 室戸ジオパーク推進協議会
協   力 室戸市防災対策課

 

 

pagetop