モデルコース

自然科学にどっぷり!理科ジオコース

何千万年前という太古にできたシマシマの地層、大地隆起と海面変動がつくりだした雄大な海成段丘、黒潮の影響を受けた温暖な気候で育まれた亜熱帯性樹林、そこに暮らす野生動物や昆虫、光の届かない真っ暗な深海で生きる不思議な生物...

室戸世界ジオパークには、科学者もビックリの研究材料がいっぱい!

 

あなたも大自然の中で、自然科学な気分に浸りませんか??

ノートに鉛筆、ルーペや双眼鏡を持って、準備はOK?

さあ!室戸の大自然に飛び込もう!!


室戸世界ジオパークセンター〜出発前の下調べ!〜

室戸世界ジオパークを最大限に楽しむには事前の情報収集が欠かせない!

「室戸世界ジオパークセンター」には、室戸世界ジオパークに関するパネル、岩石、南海トラフで掘られた海洋コアなどを展示しています。室戸の大地がどうやってできたのか、そのヒントを探してみよう!

展示の他にも、地図やパンフレット、各種イベントチラシを配布中。必要な資料を手に入れよう!

 

室戸世界ジオパークセンター(2015年4月29日オープン)

OPEN:9:00−18:00

年中無休

TEL:0887-22-5161

移動時間/ 車で15分

新村遊歩道(行当−黒見サイト)〜シマシマの地層と地震の証拠!?〜

ここは、ダイナミックな地球の営みを肌で感じられる場所!

新村遊歩道は、約4000万〜3500万年前に約4000mもの深海でできた地層が一面に広がっています。ここでは、砂と泥が交互に重るシマシマの地層(タービダイト層)や、かつて深海底であった証拠である生痕化石や漣痕(れんこん)を観察することができます。

さらには、太古の地震の記録とされるスランプ構造や砂岩脈を間近で見ることができます。

深海の地層がこんなところで見られる意味、わかるかな?

北の方角に目をやれば、見事な海成段丘も!

移動時間/ 車で20分

室戸岬遊歩道(室戸岬サイト)〜亜熱帯性樹林が生い茂る森を探険!〜

黒潮による暖かな気候が育む森に潜ろう!

室戸岬サイトの遊歩道には、海岸沿いの森の中を通るルートがあります。絞殺しの木とも呼ばれる亜熱帯性の樹木アコウが、タービダイト層や班レイ岩の岩体にしがみつくように根をめぐらせている中を進みます。この亜熱帯性樹林の森には、アコウのほかにも、空海伝説の残るクワズイモ、土佐備長炭の原材料となるウバメガシなど、さまざまな植物を観察することができます。

また、森の中には生きものがたくさん!遊歩道上をカニが歩き回り、渡りをすることで知られるチョウ、アサギマダラも見られます。鳴き声を頼りに野鳥を探すのも楽しい!ニホンカモシカの目撃例も!?

森を抜けて海岸に出れば、岩場の潮溜まりに魚や貝、エビ・カニなども簡単に見つけられます。

大地の上で営まれる生態系をじっくり観察しましょう!

移動時間/ 車で10分

アクアファーム(海洋深層水サイト)〜深海の世界をのぞいてみよう!〜

地球の未知のフロンティア、深海の世界をのぞいてみよう!

室戸では、急激に深くなる特殊な海底地形を利用して海洋深層水をくみ上げています。アクアファームでは、その仕組みや海洋深層水のすごさのヒミツを知ることができます。

水深700〜1000mから湧き上ってくる深海の水に触ってみよう。深海の水は、冷たいのかな?それとも温かい??

また、海洋深層水の取水時に一緒にあがってきてしまった深海生物にも出会えます。光の届かない特殊な環境でひっそりと暮らす不思議な生物たちを観察しよう!

 

アクアファーム

OPEN:9:00−17:00

休館:日曜・祝日

TEL:0887-24-2822

お問い合わせはこちら

  • 室戸世界ジオパークとは?
  • #
  • まるごとさんかく日記
  • 資料ダウンロード
  • ジオパークマップ
  • 泊・食・贈
  • 協議会紹介
  • リンク
  • お問い合わせ
  • ENGLISH

pagetop