ひろめるチームからの小ネタ vol.3 「知っちゅう?室戸の金目鯛(キンメダイ)」

2019年03月06日(水)

 
金目鯛は深海魚で、室戸では主に水深250m~400mあたりに生息しています。
赤色の身体をしていて、瞳の奥の反射層で光を集めているため目が金色をしています。鮮度がいいと赤みがかった白身で、クセがなく、脂から来る甘みが強いのが特徴です。
室戸の東海岸は、沖合2~3kmくらいから急激に深くなっています。そのため金目鯛の漁場が近く、その日中に水揚げされるため、他地域とくらべ鮮度が高くておいしい金目鯛が食べられます。これも、室戸の海底地形や海洋深層水がもたらしてくれる恩恵です。
金目鯛のほかにも、妙丹(アコウダイ)など、深海で生息する高級魚が近くで取れるのが室戸の魅力です。食べたいやろう?
 

★室戸ユネスコ世界ジオパーク 推進チーム「ひろめる」では、室戸ユネスコ世界ジオパークに関するあれこれを、毎週発信していきます。
 
///////////////////////////////////////
 
先っちょには訳がある。
室戸ユネスコ世界ジオパーク ひろめるチームがお送りします。
室戸ユネスコ世界ジオパークのテーマは「海と陸が出会い、新しい大地が生まれる最前線」です!
 
///////////////////////////////////////


  • 室戸世界ジオパークとは?
  • #
  • まるごとさんかく日記
  • 資料ダウンロード
  • ジオパークマップ
  • 泊・食・贈
  • 360度ぐるっと室戸
  • 協議会紹介
  • リンク
  • お問い合わせ
  • ENGLISH

pagetop