地震火山こどもサマスクを活か〜っす=3

2010年10月14日(木)

8月に第11回地震火山こどもサマースクールが開催され、そのことがマスコミを通じて紹介されて以降、ジオパークを教育に活用したいという機運が高まってきています。室戸高校のジオパーク学は来年からスタートしますし、小中学校でのカリキュラムを作成すること、副読本の作成なども検討していくことになりました。室戸ジオパーク推進協議会と...

詳細はこちら

感動のために…削る!

2010年10月13日(水)

皆様、連休はいかがでしたか?私事ですが、Aは石鎚山のふもとで、3日間のインタープリター養成講座に行ってきました。インタープリターとは、「自然案内人」。インタープリテーションとは、「伝える技術」のこと。「難しいことをわかりやすく」、「見えるものを通じて、背後にある見えないものを伝える」のだそうです。ジオパークのガイドをす...

詳細はこちら

明日への宝:室戸ジオパークテーマソング

2010年10月06日(水)

スーパーバンドのお二人から、室戸ジオパークのテーマソング「明日への宝(あすへのたから)」のレコーディングしたばかりの曲がとどきました。 今後、websiteでも公開する予定ですが、まずblogで公開します。歌詞を読むと、ジオパークのことを良く理解してくださっているのが分ります。個人的には、「新しい大地が叫び生まれてく...

詳細はこちら

ご縁

2010年10月04日(月)

Aです。先週の土曜の話ですが、ボランティアガイドの勉強会の一行と室戸岬の遊歩道を歩いていると、若い女性の外国人お遍路さんとすれ違いました。 メキシコから来た方だそうで、軽い挨拶ぐらいをして、別れました。 そしたら日曜日、図書館の近くに車をとめようとしたら、なんとそのお遍路さんが歩いているではないですか。 また会いま...

詳細はこちら

市民が主人公のジオパークへ

2010年09月24日(金)

世界ジオパークの国内候補地に決定して、10日間が経った。問い合わせが殺到するわけでも、急に仕事が増えるわけでもないのだけど、何か違うステージに上がった実感というのがジワジワ感じはじめている。それは、室戸ジオパークの主人公が行政から市民へ移っていく息吹である。 ジオパークは専門家のためでなく、市民のためのものよく言われ...

詳細はこちら

周遊性ってなんじゃらほい

2010年09月09日(木)

観光客の周遊性について考えたいのです。よく、「周遊性の向上を」という指摘を、多く受けます。かみくだくと、「観光客が次にどこに行ったらいいかが良くわかる。」「旅行計画を立て易い。」などでしょうか。 だけども、具体的にというと難しいものです。勘違いの周遊性は、○○まで○分というやつだと最近感じています。時間は周遊の目安に...

詳細はこちら

ボランティアガイドの可能性と発展(室戸ジオパーク)

2010年09月07日(火)

建物や自然は何も語らない。文章や写真などで説明されている博物館や科学館においても、人に説明してもらうほうが分り易い。野外の自然や歴史的な建造物であればなおさら、人の関与が重要である。そのため、全国各地に科学コミュケーターやガイドなど、学芸員や研究者とは違う立場で説明に関わる人が増えてきている。 ジオパークにおいても、...

詳細はこちら

いやホンマ暑かったですこの8月は…

2010年08月31日(火)

お久しぶりです。Aです。この8月はもう、ホント、暑くて熱い1カ月でした。 よくぞ乗り切ったものです。ハイ。 8月入ってすぐ、親善大使委嘱式がありました。その親善大使スーパーバンドさんによる、室戸ジオパークのテーマソング。このところAの頭の中で、サビのところがずっと繰り返されてます。♪♪ 地震火山こどもサマースクー...

詳細はこちら

8月のまとめ

2010年08月30日(月)

みなさま8月はいかがでしたでしょうか? 室戸ジオパークの怒濤の8月がやっと終了しました。7月末の第1回ジオパークカフェ〜地震火山こどもサマースクールで幕を開け、親善大使委嘱式、ジオとイルカの学校、世界ジオパーク国内候補地の現地審査、糸魚川でのJGN会議、第四紀学会、韓日地質学会などなど地元説明会も交えつつやっとホッと...

詳細はこちら

暑くなりましたね~

2010年07月22日(木)

すいません。もいっちょ、Aです。暑くなりましたね。 Aは、この時期は日中暑いもんで、朝早くに物事を済ませようとしてしまいます。 で、時々、出勤前に岬を散歩して来たりなんかします。 コレは今日出勤前に撮った写真です。 今日も暑くなるぞ~って感じですね。 みなさん、夏バテしませんように。...

詳細はこちら

pagetop